[gimp 使い方] 写真に影を付けてみましょう。


FavoriteLoading気になる商品はここをクリックしてお気に入りに追加!<<





[ポイント]
写真に立体感を感じさせるために影を付ける演出があります。
このような演出は、写真が重なり合っていてはっきりしない時や、浮き出させる時などに有効です。
でも、あまりやりすぎない事も大切ですよ。

gimpでテンプレートを開き、写真を配置します。

メニューの[フィルター]→[照明と投影]→ [ドロップシャドウ]を選択します。

オフセットは写真から影の距離です。数字が大きいほど影が写真から離れます。
不透明度で影の濃さを設定します。

設定が終わったらOKを選択します。


影が付きました。

[gimp2.8(ギンプ)フリー編集ソフト編]

[ダウンロード方法・入稿方法]
編集が終わったら保存して入稿の準備 (GIMP編) >>
カラープロファイルって何? 写真の色味が変ってしまう原因です! (GIMP表示方法) >>

[使い方]
■ Gimp用のレイアウトサンプルの使い方 >>
[gimp 使い方] 縦・横中央位置にガイド線の引き方 >>
[gimp 使い方] 写真を読み込んで配置 >>
[gimp 使い方] 写真の移動と拡大 >>
[gimp 使い方] 文字の入力や配置の仕方 >>
[gimp 使い方] 写真に影を付けてみましょう。 >>
[gimp 使い方] 写真に白い枠を付けてみましょう。 >>
[gimp 使い方] 枠を半透明にしてちょっとおしゃれに >>
[gimp 使い方] 枠の内側を丸くして、やさしい雰囲気に >>
[gimp 使い方] 写真のオーバーラップ テクニック >>

GIMP・フォトショップ並みの無料の画像編集ソフトを使ってみよう!>>