[gimp 使い方] カラープロファイルは写真の色味が変ってしまう原因


FavoriteLoading気になる商品はここをクリックしてお気に入りに追加!<<




カラープロファイルには、RGBAdobe RGBがあります。

一般的なデジタルカメラで採用されているのは、sRGBです。
Adobe RGBはデジタル一眼レフカメラ等で採用されています。また、スキャナーなどで写真やネガをスキャンした場合も設定でAdobe RGBプロファイルが埋め込まれていることがあります。

sRGBとAdobe RGBの違いは?

sRGBとAdobe RGBの違い。右の図を参照してください。Adobe RGB 色空間の中にsRGB 色空間が含まれます。色空間とは色の範囲です。
つまり、Adobe RGBsRGBより多くの色を再現できます。

Adobe RGB 色空間を採用することは多くの色を再現できるのですが、扱い方が難しいです。
カメラ、編集ソフト、モニター、印刷と一貫してAdobe RGBの色空間を扱うことができるソフトウェアやデバイスを使用し、プロファイルを最後まで保持しなければいけません。

Adobe RGB 色空間が作業の中で保持されないと、仕上がりで色味が違う画像になってしまいます。

プロファイルで写真の色味が変ってしまう原因になります。

現象:肌の色がくすむ。青空の青の沈み。

sRGBプロファイルAdobe RGBプロファイルへの変換は避けてください。
Adobe RGBプロファイルの扱いに慣れている以外は、sRGBプロファイルの使用をお薦めします。

テンプレートには「sRGB IEC61966-2.1」プロファイルが埋め込まれています。

GIMPでのカラープロファイルの表示確認設定

メニューバーの編集→設定を選択してください。

メニューバーの編集→設定を選択してください。

「カラーマネジメント」を選択して「ファイルを開く時の挙動」のプルダウンメニューから「どうするか確認」を選択
左側の項目の「カラーマネジメント」を選択して「ファイルを開く時の挙動」のプルダウンメニューから「どうするか確認」を選択して「OK」を押してください。
次回からは、写真等を読み込む時に確認用のウインドウが表示されます。

[gimp2.8(ギンプ)フリー編集ソフト編]

[ダウンロード方法・入稿方法]
編集が終わったら保存して入稿の準備 (GIMP編) >>
カラープロファイルって何? 写真の色味が変ってしまう原因です! (GIMP表示方法) >>
[使い方]
Gimp用のレイアウトサンプルの使い方 >>
[gimp 使い方] 縦・横中央位置にガイド線の引き方 >>
[gimp 使い方] 写真を読み込んで配置 >>
[gimp 使い方] 写真の移動と拡大 >>
[gimp 使い方] 文字の入力や配置の仕方 >>
[gimp 使い方] 写真に影を付けてみましょう。 >>
[gimp 使い方] 写真に白い枠を付けてみましょう。 >>
[gimp 使い方] 枠を半透明にしてちょっとおしゃれに >>
[gimp 使い方] 枠の内側を丸くして、やさしい雰囲気に >>
[gimp 使い方] 写真のオーバーラップ テクニック >>

Photoshop・GIMPテンプレート素材集

☆ Style-Tool BOOKのテンプレート素材集が、新しく登場しました! ☆ページはこちら>>